【豆知識】本厚木と呼ばれる由来

皆さんご存知でしょうか。本厚木駅の隣の駅には厚木駅があり、その厚木駅は厚木市ではなく海老名市となっております。そして本厚木は厚木市となっていて複雑ですよね。地図で確認してみましょう。

この二つの駅は相模川で分断されており、まるで織姫と彦星のようですよね。ではどうしてこうなってしまったのか、歴史を踏まえつつ説明していきたいと思います。

厚木駅、本厚木駅の歴史

厚木駅は1926年に相模鉄道厚木線の前身である、神中鉄道の駅として建設されました。もとはというと神中鉄道は川を渡り厚木市まで路線を伸ばそうと思ったものの、そのころの神中鉄道はお金がなく、厚木市まで路線を伸ばすことができませんでした。しかし、そんなことで厚木というネームブランドを捨てるわけにはいかない。。そんな考えから厚木市の承認をもらい「厚木駅」という名前になりました。

また、小田急線の厚木駅はもともと河原口駅という名前だったのですが、相模線の厚木駅が河原口駅に近づく移転をしたため、どっちも厚木駅にしてもいいのでは、という声が上がり、小田急線と相模線のどちらとも厚木駅という名前になりました。

それではなぜ本厚木駅は本厚木という名前になったのでしょうか。それはもともと厚木市に厚木駅を作れなかったからせめて名前でも本当の厚木という名前にしたい、という思いから「本厚木駅」という名前になったそうです。

そして1998年、厚木市市長がこの問題を取り上げ、厚木市に厚木駅がないから厚木駅を改名してくれとJR,小田急に要望を出していると表明しておりますがいまだ変化はありません。

今後、本厚木駅という名前に変化はあるのか?厚木駅はどうなるのか?ゆっくりと見守っていきましょう。